ひばり中村眼科、ひばりヶ丘・ひばりが丘、眼科、白内障・緑内障手術、涙道・ドライアイ、糖尿病網膜症

ひばり中村眼科

お知らせ

6月29日(月)担当医について

2020-06-15

2020年6月29日(月)の担当医は

午前、院長 午後、竹内先生

となります。

休診日のお知らせ

2020-06-06

2020年6月13日(土曜日)は休診となります(予約の方の検査のみ行います。)

すみませんが宜しくお願いします。

急激な視力低下などで緊急の対処が必要な方は電話にてご相談下さい(午前のみ)。

土曜日の担当医師について

2019-04-05

2019年より、第2土曜日は鎌田医師(小児眼科を主に担当)による外来診療を行ってまいりましたが、新型コロナウイルス流行の影響もあり、2020年5月以降はいったん休止とさせていただいています。すみませんがご了承下さい。

状況がかわりましたらまたホームページ上でお知らせします。

診療・手術の状況について

2020-04-13

新型コロナウイルス感染予防のため、特に自覚症状のない方でも院内ではマスクの着用をお願いします。特に指示がなければ、検査・診察時もマスクを外さないようにしてください。

マスクをお持ちでない方は、自宅にある場合は取りに戻っていただくか、または受付で購入して頂きます(1個200円)。

医院のマスク在庫も少ないですので、できる限り持参いただくようお願いします。

 

総合病院ではコロナウイルスの影響による病床・人材不足のためなかなか眼科手術が受けられない状況になっているようです。当院では現在、感染に十分注意した上で、ほぼ通常通りの診療・手術を行っております。病状により早期に手術を受ける必要のある方はご相談下さい。可能な限り対処致します。

駐車場について

2019-11-04

以前もこのHP上でお伝えしましたが、隣接地に確保していた当院駐車場は現在廃止され、コインパーキングとなっています。(空いていれば駐車できますが有料です。サービス券などの扱いはありません。)

以前の医院パンフレットや医療案内サービス会社の案内に(無料駐車場3台)と書いてあるものがありますが、現状と異なっています。ご了承下さい。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

2019-08-13

遠方、近方どちらにも焦点があうように設計された「多焦点眼内レンズ」というものが最近になり開発され、普及してきています。当院でも2019年より多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を開始しています。

手術そのものは保険診療ですが、多焦点眼内レンズ自体の費用は自費負担となります。費用は使用するレンズにより異なりますので、受診の上ご相談下さい。

涙管閉塞の検査、治療を行っています

2016-07-16

ひばり中村眼科は、涙管閉塞(流涙症・涙管閉塞・涙嚢炎)の検査・治療を行っています。

涙管がつまると、なみだが多く出る、目やにが続く、目の内側が腫れて痛い、などの症状が出てきます。

この分野の診断・治療が行える施設は非常に少なく、治療が受けられず我慢している患者さんがとても多くいらっしゃるようです。

涙、目やにが続いている方は、ご相談下さい。

 

 

水曜日午後外来について

2017-04-20

水曜日午後は手術または予約制の外来診療を行っております。

手術中は外来診療は対応できません。

散瞳しての眼底検査について

2016-06-22

眼底検査やレーザー治療を行う予定の日は、受診後一時的に見えにくい状態になりますので、患者さんご本人が運転しての来院はできるだけおひかえください。

ひばりヶ丘駅から徒歩なら10分、バスなら3分程度です。

田無駅、武蔵境駅からもバスがあります。

ひばり中村眼科

ひばり中村眼科

〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-9-4

Tel.042-439-3617

診療内容

一般眼科・白内障治療・緑内障治療・網膜硝子体疾患治療・眼瞼疾患治療・涙道疾患治療・ドライアイ治療

最寄り駅:西武池袋線 ひばりヶ丘駅(徒歩10分)
西武バス  『谷戸』 バス停 すぐ近く
(境03 田42 ひばりヶ丘駅~田無駅 間)